プリント基板に実装できる「金属腐食センサー」を開発――産業用機器内部の腐食進行度が検知可能に 三菱電機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱電機は2019年9月4日、産業用機器内部のプリント基板に実装可能な「金属腐食センサー」を世界で初めて開発したと発表した。このセンサーにより、金属部品の腐食進行度を段階的に検知できるという。

現在の工場では、産業用機器内部の金属の腐食は、外付けのセンサーを用いて金属片の色の変化やサビの定量分析などから間接的に診断が行われている。特に、大気汚染が深刻化している新興国では、故障を未然に防止するため、機器内部の金属部品の腐食進行度を把握することが求められている。しかし、外付けのセンサーでは、産業用機器内部の腐食環境を確認することは困難だった。

そこで、三菱電機は今回、金属薄膜と抵抗体という簡易な構造で、幅1.6mm×奥行0.8mmという微小サイズの金属腐食センサーを開発した。金属は通常、大気中の腐食性ガスによって表面から内部に腐食が進行し、金属よりも抵抗値が数十万倍高い金属サビへと変化する。そのため、金属薄膜の材質や厚みなどを変えた複数の同センサーを機器内部に設置し、その合成抵抗値を測定することで腐食進行度を段階的に検知できる。

(左)金属腐食センサーの構成(右)金属腐食センサーが検知した抵抗値

このセンサーは、金属部品の腐食進行度が検知できるため、新たな外付け計測器が不要になるという。また今後は、三菱電機の産業用機器など、幅広い製品への適用を目指すとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る