生産グレードの3Dプリンティング製品向けFDM熱可塑性プラスチックを新開発 ストラタシス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストラタシス(Stratasys)は2019年10月29日、高い耐久性・耐熱性・耐薬品性を備えた3種類の新しい熱可塑性プラスチックをFDM(熱溶解積層方式)向けに開発したと発表した。これらの新素材は、自動車や航空宇宙などの業界における複雑な要件に対応したパーツやツールの3Dプリンティングを可能にする。

今回発表した材料は、ストラタシスの「Fortus F900 3Dプリンタ」向け「Antero 840CN03」、ストラタシスの「F370 3Dプリンタ」向け「Diran 410MF07」と「ABS-ESD7」の3種類。

Antero 840CN03は、ストラタシスが独自開発したAntero高性能ポリマーであるPEKK(ポリエーテルケトンケトン)ベースのポリマーであり、アルケマのKepstan PEKK技術を活用している。安定した静電気放電(ESD)性能と優れた耐摩耗性、非常に低いアウトガス性を持ち、耐熱性、耐薬品性の高いパーツの3Dプリンティングに適している。航空宇宙産業アプリケーションに適しており、フレーム、パネル、コンポーネントに使用される強靭で軽量なパーツの製作を可能にする。

Diran 410MF07は、耐久性の高いツーリング・アプリケーションのために開発されたもの。ナイロンベース材料で、炭化水素ベース化学薬品への耐性と低摩擦性、極めて高い靭性を持ち、製造現場のツールに必要な耐久性を実現する。

ABS-ESD7は、静電気に敏感なアプリケーション向けに開発されており、粉末・粉塵・微粒子などの他の材料への放電や誘引を防止する。同素材の従来版は「Fortusプリンタ」でのみ利用可能だったが、新版のABS-ESD7は「F370 3Dプリンタ」 で利用可能。これにより、低コストで高度に、カスタマイズ可能なパーツに対するプロトタイピングや生産上の要件への対応を可能にする。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る