SkyDrive、「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SkyDriveは2020年1月6日、同社と有志団体CARTIVATORが共同開発する「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を、2019年12月に開始したと発表した。

空飛ぶクルマは、正式名称を「電動垂直離着陸型無操縦者航空機」という。その特徴は電動化、完全自律自動操縦、垂直離着陸だ。2019年5月には豊田市と協定を締結して屋内飛行試験場を含む1万平米の開発拠点を確保し、開発スピードを上げてきた。

今回の有人飛行試験は、飛行高度や飛行形態、フェール状態、緊急着陸などのさまざまな状況を想定して実施。単純な動作から徐々に複雑な動作や飛行を行い、安全性検証や操作確認を実施する。屋内での飛行試験を経た上で屋外飛行試験許可を取得する計画だ。

今後、2020年夏にデモフライトの実施、2023年に販売開始を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る