DIN規格最高クラス「P2」の高精度軸受「PRECILENCE」の量産を開始 ジェイテクトとダイベア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2020年4月13日、グループ会社のダイベアと共同で、DIN規格「P2」の高精度軸受「PRECILENCE」を開発し、ダイベア和泉分工場で量産を開始したと発表した。

ジェイテクトによると、工作機械向けの高精度スピンドル用軸受には、入手しやすく精度も高いドイツDIN規格の精度等級「P4S」が多く利用されている。しかし近年、さらに精度の高い工作機械に対応できる製品への需要が高まっているという。

今回共同したPRECILENCEは、従来のP4Sを上回るDIN規格最高精度のP2に対応。回転精度は従来品の約1/4で、振動値も約1/2となり静粛性も高めた。軌道輪に新たに強靭な高窒素ステンレス鋼を採用することで、軸受鋼品と比較し最高回転速度が約30%向上した。回転トルクも約30%低減して、従来より速く軽く回転することができる。高速回転に有利とされる小さい玉径をあえて使用せず、大きな玉径のセラミックスを採用することで、従来品より約2倍の長寿命だ。

スピンドル取り付け時には、スピンドル振れ精度調整がほとんど不要で、軸振れ量は1μm以下だ。30000min-1の高速回転時において、従来の軸受組み付け時と比較して軸の振れ量を1/2に抑えることができたという。

2020年4月から販売および量産開始。製造工場は、超高精度軸受専用工場のダイベア和泉分工場である。呼び番号7005C~7010Cの即納販売から始め、順次サイズを拡充していく。2025年に20億円の販売を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る