川崎重工、モーターサイクルエンジンを使った大型ハイブリッドドローン試験機の浮上試験に成功

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は2020年5月18日、物資輸送向けの大型ハイブリッドドローン試験機の浮上試験に成功したと発表した。

同試験機は7×5×2mサイズの大型ドローンだ。200kg以上の貨物を搭載でき、航続距離は100km以上。「空飛ぶ軽トラック」実現の可能性を検証するための試験機だ。主にハイブリッドシステムが成立するか否かを確認することを目的に、機体構想から設計、製作を行った。

同社のモーターサイクル「Ninja ZX-10R」のエンジン3台で発電し、8基のモータープロペラを駆動する。エンジンで発電するためにバッテリーのみを動力源とした場合と比較して、大出力を長時間持続できる。

同試験機は、ヘリコプターでは経済的に採算が難しい近/中距離の中量物資輸送において、ローコストで利用可能な空輸手段として、ヘリコプターと小型ドローンとの中間に位置付けられている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る