ボーイング、有人航空機を支援するAIドローン戦闘機「Loyal Wingman」をロールアウト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボーイング・オーストラリアは2020年5月5日、AIドローン「Loyal Wingman」の初号機を王立オーストラリア空軍に引き渡した。同軍のLoyal Wingman先進開発プログラム向けの3つのプロトタイプのうち最初のものであり、世界の防衛市場向けに開発されているボーイングの「Airpower Teaming System(ATS)」の基礎にもなっている。

人工知能を用いて戦闘能力を拡張する同機は、50年振りにオーストラリアで設計、製造された機体となる。また、アメリカ以外の無人航空機に対するボーイング最大の投資案件だ。

グローバルな市場では、高性能でありながら非常に手頃な価格の無人航空機が求められている。ボーイングはこの需要に応えるために、全社的なイノベーションを適用した。そして同機は、構造、システム、性能、および完全なライフサイクル要件をモデル化するためにデジタルツインを使用して設計され、ボーイング史上最大の樹脂を注入した単一複合材で製造され、実績のある先進的な製造プロセスを使用して組み立てられた。

同機は、既存の有人航空機に随伴して飛行するように設計されており、AIを用いて編隊ミッションを行う。現在、地上試験に移っており、今年後半には地上でのタキシング試験と初飛行試験へと続く予定だ。

関連リンク

Boeing Rolls Out First Loyal Wingman Unmanned Aircraft

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る