自転車の着せ替えタイヤ「reTyre」――ジッパーで着せ替えるだけでオフロードにも雪道にも対応 Kibidango

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラウドファンディングサイトの「Kibidango」は2019年7月10日、天候や路面に合わせて履き替えできる自転車の着せ替えタイヤ「reTyre」を発表した。

reTyreは、単体でも機能しシティサイクルに最適なタイヤである「reTyre ONE」と「reTyre Skins」という2つのパーツで構成される。reTyre ONEにはジッパーが装着されており、上から山道用や雪道用などのreTyre Skinsを被せてジッパーを1周するだけで、タイヤ表面をカスタマイズできる。

reTyre ONEに被せるreTyre Skinsは、「グラベルチェイサー」、「トレイルライダー」、「ウインタートラベラー」、「アイスレーサー」の4パターンを用意。

グラベルチェイサーは、起伏ある道や荒れた道に対応し、河原など砂利道が多いときの走行も想定している。トレイルライダーは、悪路走行に適しており、泥やぬかるみ、すべりやすい道に対応。マウンテンバイクやオフロード・ダウンヒルが好きな人にお勧めだという。ウインタートラベラーは、風があり走りにくい冬場の街乗りを想定。 地面に接する4つのスタッドにより、小雪や少し凍った道で活躍するという。アイスレーサーは、霜や雪のある道での走行に対応しており、約300個のスタッドで雪道や凍った真冬の道に適しているという。

なお、reTyreは、Kibidango特別価格として、ONE&グラベルチェイサーが24800円、ONE&トレイルライダーが24000円、ONE&ウインタートラベラーが28800円、ONE&アイスレーサーが26000円で販売予定だ。個数限定の早割も用意する。



関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る