超高感度カメラの搭載で暗所での点検品質を向上、屋内設備点検向け小型ドローンの新型「IBIS」

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Liberawareは2020年10月1日、超高感度カメラを搭載した屋内設備点検用小型ドローン「IBIS(アイビス)」の新型を2020年10月からリリースすると発表した。搭載カメラを変更したことで、暗所設備の映像がより鮮明になり、3D化や点群化といった映像解析の幅が格段に広がったという。

IBISはLED照明が装備されており、これまでプラントや建設現場の暗所設備で点検を数多く実施してきた。しかし、暗闇の深い大型のタンク内や配管内では、ノイズが多く鮮明さに欠ける映像になり、点検の品質や3D化や点群化などの映像処理業務に影響が出てくることがあった。

そこで、高感度なCMOSイメージセンサー「STARVIS」を採用したIBIS搭載用カメラを開発し、ノイズの少ない鮮明な映像を暗闇の深い空間でも撮影できるようにした。屋内設備点検用としてSTARVISを採用したカメラを搭載したドローンは、IBISが世界初だという。

IBISの新型は、超高感度カメラ以外にも新たな機能を搭載。フライトコントローラーを改良し、狭小空間での安定飛行性能を向上している。また、操縦者用モニターへの相対方位の表示機能も装備した。煙突内のような同じ模様が続く空間ではパイロットが方向感覚を失うことがあるが、この機能により、3D化などの映像処理をする上で必要なオーバーラップを維持した撮影がしやすくなっている。さらに、広角仕様のため外周部が湾曲してしまう映像を点検現場で即座に補正して確認できる機能も備えた。

広角仕様のため外周部が湾曲してしまう映像を点検現場で即座に補正

同製品のサイズは、プロペラガード込みで191×179×54mm。重量はバッテリー込みで185gとなる。Liberawareによると、竹中工務店の協力によって、免震ピットの点検でIBISを活用した撮影を実施し、作業員が免震ピットに進入することなく、免震ゴムやダンパーの異常の有無をチェックできることを確認している。また、新カメラが旧カメラと比べ効果的であることも実証されたという。

旧カメラ(照明が完全にOFFの環境下での飛行撮影)

新カメラ(照明が完全にOFFの環境下での飛行撮影)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る