Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作――小型だが中身は本格派

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンジニアのMichael Pick氏が2020年8月23日、高さがレッドブル・エナジードリンク473ml缶ほどのミニチュアiMacを製作し、動画をYouTubeで公開した。筐体は3Dプリント製で、小型ディスプレイとRaspberry Pi 4を収めている。Pick氏によれば、「世界最小のiMac」だ。

まず、3Dプリンタを使って筐体を作り、ポータブルディスプレイをセットする。Raspberry Piはディスプレイの中央部にマウントする構造だが、そのままだとバックパネルに収まらないとして、Raspberry Piを物理的に薄くしている。USB3.0ポートとUSB2.0ポートの1系統とイーサネットポートを削り、残り2つのUSBポートをディスプレイ下部から出るように配策した。BluetoothとWi-FiがあればMacユーザーには十分だろうと、Pick氏は動画中で述べている。

その後、フロントパネル、バックパネル、スタンドを下塗りし、すべて銀色に塗装し、さらに黒色の部分を黒で重ね塗りするなど、外観を整えていく。Appleのロゴも丁寧に作り上げている。

最終組み立て工程では、USB-C電源ケーブルとUSBデータケーブルの差込口をバックパネルに糊付け。Raspberry Pi 4の冷却用にアルミニウムヒートシンクを貼り、バックパネルには小型ファンを取り付けた。

動画ではOSの導入については触れられていないが、ベンチマークテストとしてミニチュアiMacでマインクラフトが快適に動作している様子を紹介している。

関連リンク

World’s Smallest iMac | Full Build | The Casual Engineer

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る