無人コンパウンド・ヘリコプターの飛行試験に成功――従来のヘリコプターでは不可能な高速飛行の実現に期待 川崎重工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は2020年10月6日、無人コンパウンド(複合型)・ヘリコプター「K-RACER」の飛行試験に成功したと発表した。同試験は北海道大樹町多目的航空公園にて実施されたもので、自律制御による安定した飛行が確認されている。

同機は、直径4mのメインローターに加えて、テールローターの代わりに左右両舷に主翼およびプロペラを有するコンパウンド・ヘリコプター。左右のプロペラがメインローターの回転に伴うトルクを打ち消すとともに、前進推力を発生させることができる。

前進飛行では、主翼が揚力を分担してメインローターの負担を低減することで、従来のヘリコプターでは実現できなかった高速飛行を行えるコンセプトとなっている。

同社の航空宇宙システムカンパニーが開発に携わっており、動力源には同社製のモーターサイクル「Ninja H2R」のスーパーチャージドエンジンが採用された。

同社は、今回の成果を有人および無人のヘリコプターをはじめとしたVTOL(Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸)機や、さまざまなサービスと連携した航空機運航システムの開発などに活用することを目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る