全方向へ移動できる無限軌道「メカナムクローラー」を試作――クローラーとメカナムホイール機構を融合 ヴイストン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴイストンは2020年10月23日、メカナムホイール機構を組み合わせることで全方向に移動可能な無限軌道「メカナムクローラー」を試作したと発表した。

同社が開発したメカナムホイール機構は、シンプルな制御で全方向への移動が可能なため、自律制御台車などに広く用いられている。しかし悪路の走行には適しておらず、同機構を用いた台車の弱点となっていた。

今回試作したメカナムクローラーは、さまざまな路面にも対応する無限軌道(クローラー構造)とメカナムホイール機構を融合させたものだ。従来のメカナムホイールを用いた台車と比較してより多彩な路面状況に対応して移動可能になる。また真横移動などこれまで無限軌道ではできなかった動きをメカナムホイール機構によって実現する。

今回の試作は基礎原理の確認と実証を目的としており、現段階では実用化には依然多くの課題が存在するという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る