エンジンの音で故障を診断するスマホアプリを開発中

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チェコの自動車メーカーŠkoda Autoは、2020年10月7日、エンジンの音で故障を診断するスマートフォンアプリを開発していると発表した。このアプリは「Sound Analyser」と名付けられ、走行中に車から発生したノイズを録音し、AIを使って保存済みの音源パターンと比較して、メンテナンスの必要性の有無を判断するという。一般的なスマートフォンやタブレットにインストールしたSound Analyserで車両整備の必要性を診断できれば、整備士が詳細な診断を下す際のサポートにもなりそうだ。

プログラムはニューラルネットワークアルゴリズムをベースとしており、録音した音源ファイルを視覚的に音声信号を表現するスペクトログラムに変換する。これをAIによってアーカイブ音源と比較して偏差を識別し、そのパターンからメンテナンスや修理の必要性を分類する仕組みだ。

プログラム自体は非常に複雑だが、操作は直感的に行うことができるように設計されている。走行中に発生した音をスマートフォンで録音するだけで、音から推測される原因が具体的に提示される。

Sound Analyserは、ステアリングシステム、エアコンコンプレッサー、ダイレクトシフトギアボックス(DSG)のクラッチなどを含むコンポーネントに関して10パターン、90%以上の精度で診断できるようだ。

Sound Analyserは、2019年6月からドイツ、ロシア、オーストリア、フランスを含む14カ国でトライアルが実施されている。同社の245のディーラーがパイロットプロジェクトに参加し、ソフトウェアが「学習」するためのノイズ録音に協力したという。同社は、将来的にはセンサーを利用してメンテナンスを予測して知らせるようなシステム開発や、車両に設置されたオンライン接続機能を利用して担当ガレージに直接予約を取る仕組みも可能になるだろうとしている。

関連リンク

?KODA AUTO DIAGNOSTICS

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る