工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」の改良品を開発――焼付きの未然防止に貢献 NTN

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NTNは2020年11月13日、2018年に発表した工作機械主軸用「センサ内蔵軸受ユニット」をワイヤレス化し、新たに荷重センサを搭載した改良品を開発したと発表した。今回の改良は、主軸用軸受の焼付きの未然防止につながり、加工状態の監視や軸受の組み付けなどを簡素化できる。

生産性の向上において、工作機械の基幹部品である主軸用軸受の焼付きなどの損傷、それに伴う稼働停止や主軸交換などの損害を防ぐニーズが高まっている。

NTNのセンサ内蔵軸受ユニットは、軸受に隣接する外輪間座にセンサを内蔵し、軸受軌道面付近で高度な状態監視を行うことで、主軸用軸受の焼付きの未然防止に貢献する商品だ。今回の改良では、主軸の回転を利用して発電する小型/高出力の電磁式発電機と、小型で消費電力を抑えた無線モジュールを軸受ユニットに内蔵し、ワイヤレス化を実現した。

また同製品は、新たに小型/高感度の荷重センサを適用し、運転時に軸受に負荷される荷重やその変化を同時検出できる。運転中の切削荷重の変化など加工状態の監視に用いることで、加工品質や生産性の向上に貢献し、予圧荷重の高精度な測定も容易となり、軸受組み付け時の調整を短時間で行える。さらに、焼付き前に生じる予圧荷重の急激な増加を検出することで、従来適用していた熱流センサに代わり、荷重センサで焼付きの未然防止に貢献する。

NTNは、本開発品を工作機械の高機能化のほか、製造現場の省人化や無人化により生産性を向上する商品として、各工作機械/スピンドルメーカーに提案していくとしている。

関連リンク

プレスリリース
高度な状態監視で焼き付きを防止――NTN、工作機械主軸用「センサー内蔵軸受ユニット」を開発

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る