「ゲームを動かす数学・物理R」が発刊へ――よりゲームが面白くなるような数学および物理のノウハウを収録 ボーンデジタル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よりゲームが面白くなるような数学および物理のノウハウをまとめた「ゲームを動かす数学・物理R」が、2020年12月下旬にボーンデジタルにより発刊される。著者は堂前嘉樹氏。全512ページで、定価は3000円(税込)。

イラストや図を交えて、ゲーム開発において中学校や高等学校で学ぶ数学/物理がどのように活躍するかを解説した。具体的には、キャラクターやオブジェクトの移動、加速などの運動、時間の計測に加えて、キャラクターのステータスの定義など、ゲームづくりを支える基礎知識を網羅している。

主な目次は、Chapter1:整数、Chapter2:小数、Chapter3:演算、Chapter4:2次元、Chapter5:角度、Chapter6:時間、Chapter7:運動、Chapter8:3次元、Chapter9:マトリクス、Chapter10:衝突、Chapter11:乱数。

通常難解に捉えられがちな数学や物理とゲーム開発との密な関連性を知ることで、ゲームへの理解をより深めることができる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る