5代目となる新型スープラ「GR Supra」を発売――歴代同様3.0L直列6気筒エンジンを踏襲 トヨタ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは2019年5月17日、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ「GR」初のグローバルモデルとなる新型スープラ「GR Supra」を、全国のトヨタ車両販売店を通じて発売した。この新型スープラはBMWとの提携による初の製品で、オーストラリアにあるマグナ・シュタイヤーのグラーツ工場で生産されるという。

GR Supraは、スープラとしては5代目となる新型車だ。2002年の生産終了以来、17年ぶりの復活となる。初代スープラが1978年に誕生してから、スープラはどの世代でも直列6気筒エンジンを積んだFR車だったが、5代目のGR Supraもこれを継承した。この直列6気筒の3.0Lツインスクロールターボエンジンは、最大トルク500N・mをエンジン回転数1600rpmという低回転で発生させる。グレードは、直列6気筒の3.0Lツインスクロールターボエンジン搭載の「RZ」、チューニングの異なる2つの直列4気筒2.0Lツインスクロールターボエンジン搭載の「SZ-R」「SZ」を用意した。

3.0L B58 直列6気筒エンジン

伝統を踏襲ばかりか、GR Supraは性能も向上。その一つが剛性だ。アルミニウムと鉄を適材適所に用いた骨格構造や、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、86の約2.5倍ものボディ剛性を実現したという。その剛性は、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したLEXUS LFAをも上回っている。

そのほか、GR Supraは、バネ下重量の低減、高い組み付け剛性、精微な車両コントロールを追求し、新設計のサスペンションを搭載。フロントのサスペンションとサブフレームをアルミニウム製とし、前後重量配分を適正化した。また、アダプティブバリアブルサスペンションシステムを備えており、選択中の走行モードや路面状況に応じ、4輪のショックアブソーバーの減衰力を連続的に最適に制御できる。

予防安全技術としては、①昼間の歩行者に加え自転車の運転者を検知し、衝突回避支援または被害低減を図る「プリクラッシュセーフティ(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)」、②隣車線の死角を走る車両を検知する「ブラインドスポットモニター」、③前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」、④車線を逸脱しそうな際にステアリング操作をアシストする「レーンディパーチャーアラート」を標準装備している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る