磁気誘導式の防爆無人搬送車を開発し初号機を納入――可燃性ガスがある場所での自動走行、牽引物の自動着脱が可能 三菱重工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱重工業は2021年2月9日、磁気誘導式の防爆無人搬送車(AGV)を開発し、初号機を顧客に納入したと発表した。

防爆AGVは、自らが出す電気火花や熱などによる爆発や火災の危険性を低減したAGVだ。今回開発した車両は磁気誘導式を採用しており、重量物運搬作業の自動化や作業人員の削減を可能とする。

同社が原子力発電プラント事故収束支援などに用いた防爆移動型ロボットの設計技術を基に、愛知機械テクノシステムの磁気誘導式AGVの設計、製造技術を用いて開発した。

工場電気設備防爆指針「Ex2018」に準拠した防爆設計を採用しており、可燃性ガスがある危険な場所(Zone1)で安全に使用できる。床面に敷いた磁気テープを読み取って走行する仕組みで、最大牽引能力は800kgとなった。

カスタマイズすることで、指定した場所で牽引物を自動的に着脱できる。バッテリーにはニッケル水素電池を用いており、交換することで連続して運用することも可能。安全運用向けの接触型および非接触型センサーを複数搭載しており、衝突防止などに寄与する。

サイズは1.9×1.2×1.4mで、重量は約1.2t。最大重量牽引時の走行速度は約1km/hとなっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る