世界最高レベルの高耐熱/高品位のOPPフィルムを創出――光学材料、電子部品など適用用途を大幅拡大 東レ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東レは2021年3月17日、二軸延伸ポリプロピレン(OPP)フィルムとしては世界最高レベルの耐熱性と品位を有する新タイプ「トレファン」を創出したと発表した。打痕、汚染リスクを極小化し、120℃の高温環境でも使用できる。

同社は2018年に高品位、高平滑グレードのトレファンを市販しているが、光学材料や電子部品の高性能化、高機能化に寄与するフィルムの耐熱性の向上が求められていた。しかし、OPPフィルムの更なる適用には耐熱性の向上が課題となっていたという。

これまでに同社はアウトガス、フィッシュアイ(数十µm以上の劣化ポリマーなどによる粗大突起)を大幅に低減し、汚染や打痕リスクを極小化する品位を有する製品の開発に加え、フィルム表面の平滑性、耐熱性を自在に制御できる要素技術を開発している。

今回は、耐熱性を自在に制御する要素技術を極限追求し、新タイプ「トレファン」を創出。高温弾性率を従来のOPPフィルムと比較して最大80%向上させ、さらに収縮が開始する温度を40℃高温化した。開発品は、打痕、汚染リスクを極小化する高い品位を有し、120℃の高温環境でも使用できるという。

新タイプのトレファンは、耐熱性の大幅な向上により、離型剤転写が許されない保護/支持体用途や、低アウトガス性が必須となる蒸着/スパッタ保護用途、紫外線照射工程保護用途、低吸湿性が必須となる偏光板部材、感光性材料保護等、幅広い工業材料用途へ適用できる。今後、積極的に用途拡大を推進し、光学材料、電子部品の高性能化、高機能化に貢献していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る