GRシリーズのグローバルモデル第3弾「新型GR 86」を発表――GR 86らしい走りの味へ進化 トヨタ自動車

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は2021年4月5日、同社のスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第3弾「新型GR 86」を発表した。

同車は、2019年にSUBARUとの業務資本提携を受け、「SUBARU BRZ」の開発チームとTOYOTA GAZOO Racing(TGR)が共同開発。GR スープラ、GR ヤリスに続いてTGRが展開するGRのグローバルモデル第3弾となる。

搭載する水平対向4気筒エンジンは、従来の軽量コンパクトかつ低重心なエンジンという特徴を残しつつ、2Lから2.4Lへ排気量をアップ。動力性能を向上し、0-100km/h加速性能を従来の7.4秒から6.3秒まで高めた。また、レスポンスも向上させ、高回転域までストレスなく伸びる感覚を実現したという。

フロントはGRブランド専用の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさの表現を両立させた。

パッケージおよびサイズは従来型をほぼ継承。全高、ヒップポイントを低く抑えることで低重心化と回頭性を向上させた。また、ルーフパネルやフェンダーにアルミ材を採用することで低重心化や軽量化にも成功した。AT車にはSUBARUの運転支援システム「アイサイト」を採用している。

日本での販売は2021年秋頃になる予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る