0603Mサイズの過電流保護用PTCサーミスタを発売――高耐圧品と低抵抗品の2種を提供 村田製作所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2021年4月13日、スマートフォンやウェアラブルデバイス向けの過電流保護用PTCサーミスタ(通称:リセッタブルヒューズ)のラインアップを拡充したと発表した。

0603Mサイズ(0.6×0.3×0.3mm)で高耐圧品の「PRG03BC181RB7RL」と低抵抗品の「PRG03BC101RB7RL」の2種を追加しており、既に量産を開始している。

PRG03BC181RB7RLは抵抗値が180Ω、耐電圧が20Vとなっており、同サイズ/同抵抗値で最大電圧13Vの同社従来品と比較して約50%耐電圧が向上した。また、PRG03BC101RB7RLは100Ωの低抵抗品で、耐電圧は15Vとなっている。

両製品ともに同社独自のセラミックス材料を採用しており、長期間にわたって安定した特性を保つ。

その他、PRG03BC181RB7RLは保持電流(25℃)が14mA、トリップ電流が36mAで、PRG03BC101RB7RLは保持電流(25℃)が19mA、トリップ電流が45mAとなっている。

PTCサーミスタは、一定の温度を超えると急激に抵抗値が上昇する特性を有している。モバイル機器の組み立てや落下時に生じる回路の過電流を検知し、機器の異常や故障を防止する。

スマートフォンなどのモバイル機器では、5Gや急速充電への対応といった高機能化や小型化が進んでおり、同社は電子回路の安定性に寄与する小型回路保護部品の需要を見込む。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る