マシンコントローラーMP3200用CPUユニットの最上位機種「CPU-203」を発売――モーション処理の性能向上 安川電機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安川電機は2021年5月17日、マシンコントローラーMP3200シリーズ用CPUユニットの最上位機種「CPU-203」を同日に発売すると発表した。

同CPUユニットは、同社が提供してきた同CPUユニットシリーズ「CPU-201」および「CPU-202」の上位機種にあたるものだ。

マルチコアの高速プロセッサーを採用することで、各コアによる処理を最適化。ラダープログラムの実行処理性能を向上させた。MECHATROLINK-3通信プロセッサーを4機搭載することで通信処理を並列実行。多軸接続時のオーバーヘッドを低減して、モーション処理性能も向上した。

さらに、ギガビットEthernetを標準で2ポート装備し、情報系データ処理と制御系データ処理を選択可能にした。並列化することで高速で通信できる。外形寸法は64×130×137mmで、重量は約700g。

主にモールド装置などの半導体製造装置やスクライバーなどの液晶製造装置、チップマウンターなどの電子部品組み立て装置などの用途を想定している。価格はオープン価格だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る