プラント巡回点検防爆ロボット「EX ROVR」の第2世代機を開発 三菱重工とENEOS

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱重工業は2022年4月11日、ENEOSと共同で、プラント巡回点検防爆ロボット「EX ROVR(エクスローバー)」の第2世代の開発を完了し、同年4月から製品名「ASCENT(アセント)」で市場投入すると発表した。

EX ROVRは、原子力発電所向けの遠隔保守技術をベースに開発。爆発性雰囲気で点検作業を担うことで、作業員の安全性や業務効率、設備稼働率を向上させることができる。国際規格「IECEx」や、ヨーロッパなどで採用されている「ATEX」、および国内の防爆型式検定に合格済で、可燃性ガスが存在する危険場所(Zone1)で安全に使用できる。

照明付きカメラ搭載の6自由度防爆マニピュレーターを採用しており、プラント内計器の配置に応じて近接や正対画像の撮影が可能。ガス濃度測定や録音、熱画像取得にも対応する。また、ウェブアプリケーションと連携することで、遠隔地からの点検スケジュールの運用管理や点検データの確認もできる。

今回開発した初号機は、2022年度からENEOSのサイトで試験運用を実施。長期運用や点検作業状況に関するデータを蓄積し、それらを活用した異常兆候を早期発見するための判定アプリを開発する予定だ。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る