ドローン向けのシリーズハイブリッドシステムの開発に着手――バッテリー単独方式と比較して長い航続時間に期待 ヤマハ発動機

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマハ発動機は2021年6月1日、ドローン向けのシリーズハイブリッドシステムの開発に着手したと発表した。

シリーズハイブリッドとは、エンジンで発電機を駆動し、得た電力でモーターを駆動させる仕組みを指す。エンジンを動力ではなく電源供給ユニットとして用いることで、バッテリー単独による駆動方式と比較して長い航続時間が期待できる。

今回開発に着手したドローン向けのシリーズハイブリッドシステムは、同社の産業用無人ヘリコプター「FAZER(フェーザー)」に搭載されている400cc・4ストロークガソリンエンジンを応用した。

2021年3月には、同システムの試作モデル(シリーズハイブリッドコア)を大型ドローンに搭載し、実証実験を実施している。

シリーズハイブリッドコアのコンセプト品は、エンジン定格出力が20.6kWで、レギュラーガソリンを燃料とし、ユニット重量が約70kg、供給電圧が300V、連続飛行時間が最大で約4時間、燃料と積載物を合算したベイロードは最大で約25kgとなっている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る