ドイツのスタートアップが4人乗り新型eVTOL「VoloConnect」を発表

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

©Volocopter

「空飛ぶ車」とも呼ばれるeVTOL(電動垂直離着陸機)を使った都市交通システム(UMA)を開発している独Volocopterは2021年5月17日、4人乗りの新型eVTOL「VoloConnect」を発表した。都市と郊外を結ぶ新しい交通手段として、5年以内に認可を受ける見込みだ。

VoloConnectは、マルチコプターと固定翼を組み合わせたハイブリッドタイプのeVTOLで、上昇用に6つのローター、推進用に2つのファンを備えている。ランディングギアは格納可能だ。航続距離は100kmで、巡航速度は時速180km、最高速度は時速250kmとしている。すでにいくつかの試作を終え、現在は実物大試作機のテストに向けて準備を進めている。

同社はこれまで、ペイロード200kgの貨物輸送機「VoloDrone」、航続距離35kmのエアタクシー「VoloCity」、離着陸の拠点となる「VoloPort」、デジタルプラットフォーム「VoloIQ」の開発やテスト飛行を重ねており、VoloConnectの実用化に先駆け、数年以内にシンガポールでVoloCityを使ったエアタクシーサービスを開始する予定だ。

VoloConnectはこれらポートフォリオとシームレスに統合し、「長年の経験と優れたイノベーション、それに基づく当社の航空機ファミリーが、電気UAMサービスが商業的かつ国際的にスタートする方法を切り開くと確信している」とCEOであるFlorian Reuter氏は語る。

関連リンク

VoloConnect: Expanding Volocopter’s Coverage of the Urban Air Mobility Ecosystem
Volocopter Commits to Launch Air Taxi Services in Singapore
VoloCity to Become First Commercial Volocopter Aircraft

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る