POL DC-DCコンバーターシリーズにFPGA用PMBusインターフェース並列動作品を追加 村田製作所

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2021年6月3日、小型、高電力密度で信頼性の高いPOL DC-DCコンバーター「MonoBK(モノブロック)」シリーズにPMBusインターフェースの並列動作品(2並列40Amax)「MYMGM1R824ELA5RP」を追加したと発表した。量産を2021年3月より開始しており、サンプル出荷も対応する。

MYMGMシリーズは、業界標準のPMBusインターフェース機能により電源の設定、制御、監視ができる。量産中の24A品「MYMGM1R824ELA5RA」と16A品「MYMGM1R816ELA5RA」と同一フットプリントとなっている。

FPGA、ASICなどのLSIの消費電流が24A超40A以下の場合は24A品のMYMGM1R824ELA5RPをパラレル使用し、24A以下の場合にはMYMGM1R824ELA5RA、16A以下であれば16A品のMYMGM1R816ELA5RAをシングル使用できる。

これによりマザーボードの共通化に対応。最終的な消費電流に基づいて電源モジュールを使い分けすれば、最適な電源設計と設計効率の改善ができる。

MYMGM1R824ELA5RPは、並列配置によって最大負荷40A(2並列)に対応。製品と外付けコンデンサー部品を含めた実装面積を小型化していることに加え、FPGAに適した電圧精度と少ない外付けコンデンサーで高速負荷応答に対応する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る