ランボルギーニとコラボしたゴーカート――Segway-Ninebotに4輪ゴーカート「Lamborghini Edition」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Segway-Ninebotの4輪ゴーカート「GoKart Pro」に「Lamborghini Edition」が登場した。

ランボルギーニとXiaomiの共同プロジェクトによる同エディションは、Segway Ninebot S-Proを4輪化したものだ。最高速度は40km/h、最大加速度1.02Gで、432Whの大容量バッテリーパックにより、走行可能距離は約25kmだ。公道走行は不可だが、400mのレーストラックなら62周を走行できる。充電時間は約4時間だ。

外観はランボルギーニ伝統のイエローカラーを採用。その他にもランボルギーニオリジナルのメーターや、空気力学に則ったウイング、柔らかく保持量の高いバケットシートなどが搭載されている。また、エンジンサウンドシミュレーションシステムにより、ランボルギーニのV8/V12エンジンサウンドを再生できる。

また、スマートフォンアプリから、セーフモード(最高速度8km/h)、ビギナーモード(18km/h)、スポーツモード(28km/h)、レーストラックモード(40km/h)の4種類のモードを選ぶことができる。対象年齢は14歳以上、適合サイズは130~190cm、最大約100kgだ。

さらに、心臓部にあるNinebot S-Proを取り出し、バランススクーターとしても利用できる。この形状での最高速度は20km/h、最長走行距離は38kmとなる。

このLamborghini EditionはXiaomiから発売され、価格は9999元(約15万3000円)となっている。

関連リンク

九号?丁?Pro?博基尼汽?定制版

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る