狭発光幅225μm、LiDAR測定を長距離化する赤外75W高出力レーザーダイオードを開発 ローム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロームは2021年7月15日、距離測定/空間認識用のLiDARを搭載する産業機器分野のAGV(無人搬送車)やサービスロボット、民生機器分野のロボット掃除機などに向け、高出力半導体レーザーダイオード「RLD90QZW3」を開発したと発表した。業界最小となる発光幅225μmによる高密度発光で、LiDAR搭載アプリケーションの長距離対応や高精度化に貢献する。サンプル価格6000円/個(税抜)。

RLD90QZW3は、市場が拡大する産業機器分野への展開を目指し、3D ToFシステムを用いて距離測定や空間認識をするLiDAR向けに開発した赤外75W高出力レーザーダイオードとなる。

同社のレーザーダイオード素子開発に関する特許技術を駆使しており、LiDAR用の75W高出力レーザーダイオードとして業界最小の狭発光幅225μmを達成。高密度発光により高いビーム性能を持つという。背反となる電力光変換効率は、一般品同等の効率21%(順方向電流24A、75W出力時)となっており、消費電力の増加を気にすることなく採用できる。

また、全発光幅で発光強度の均一化に成功したことに加え、レーザー波長の温度依存性が0.15nm/℃と低くなっており、温度変化の影響も受けにくく、安定して性能を発揮する。

出力同等で発光幅290μm、温度依存性0.25nm/℃の一般品と比較した場合、22%の狭発光幅化、レーザー波長の温度依存性は40%低減。LiDARの長距離対応を可能にし、測定距離同等の場合はLiDARの高精度化に貢献するとしている。

同社の公式サイトでは、評価や導入に必要となる駆動回路の設計手法を記載したアプリケーションノートや、基板開発用のデータ、シミュレーション用のモデル(SPICEモデル、Rayデータ)などの設計データを無償で公開している。サンプルの出荷は2021年6月より開始しており、量産は2021年10月から当面月産20万個の体制で開始する予定だ。

同社は現在、レーザーダイオードの120W高出力化、車載対応(AEC-Q102準拠)に向けた製品開発を進めている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る