NVIDIA Jetson搭載の産業用AIスマートカメラを販売開始――AI実装のシステム設計を簡素化 キヤノンITソリューションズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズは2021年7月20日、米NVIDIAのJetsonを搭載した独Baumer Optronic製の産業用AI(人工知能)スマートカメラ「Baumer AX」シリーズの販売を同日より開始すると発表した。

同シリーズは、AI実装のシステム設計を簡素化できるオールインワン製品となっている。Linuxを採用しており、プログラミング言語を自由に選択可能。インライン検査や生産モニタリング、ライフサイエンスといった分野で画像処理ライブラリやアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を活用できる。

カメラ内部のCMOSセンサからJetsonへ直接画像を転送するため、高速かつ安定しているほか、外部の画像処理用ボードやチップなどが不要となっている。また、オプションのチューブシステムはIP67保護等級に対応しており、過酷な環境条件にも適する。露光時間は最短で1µsとなっており、素早い動きを正確に検出する。

NVIDIA Jetson NanoもしくはXavier NXモジュールを選択可能。CMOSセンサの解像度は3.2Mピクセルもしくは5Mピクセルとなっている。GenICamやM12イーサネット、RS232接続との互換性を有する。

FPGAベースの機能として、自動露出や自動ホワイトバランスなどを各アプリケーションに自動で提供可能で、コンピューティングパワー全体を画像処理アルゴリズムで利用できる。

4つの光分離電源出力を備えており、出力性能は最大120W(最大48V/2.5A)。外部コントローラーを用いずに外部照明を直接制御できるため、コスト低減にも寄与する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る