プジョーがル・マン耐久レースに向けてハイブリッドハイパーカー「9X8」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

© Automobiles Peugeot

プジョーは2021年7月16日、新型ハイブリッドハイパーカー「9X8」を発表した。高効率のハイブリッドパワートレインを搭載し、リアウイングの無いフォルムは、エンジニアリングとデザインの融合だとしている。ル・マン・ハイパーカー(LMH)クラスにカテゴライズされ、2022年のFIA世界耐久選手権に参戦する予定だ。

9X8の名は、同社のブランドアイコンでもあるレーシングカー「905」「908」の後継機を示す「9」、全輪駆動およびハイブリッドパワートレインのハイパーカーを示す「X」、現行の「208」「2008」などと同じ末尾の「8」から付けられた。

パワートレインは、リアに出力500kWの2.6LツインターボV6エンジン、フロントに出力200kWの電気モーターを搭載し、7速シーケンシャルトランスミッションを組み合わせている。バッテリーシステムは900Vだ。

おなじみの3本かぎ爪ライトをフロントとリアに配置し、全体のフォルムはネコ科の大型動物が飛びかかろうとする姿を、やや前傾のコックピットに表しているという。

LMHのレギュレーションでは、調整可能な空力デバイスを1つだけ許可している。プジョーはこれを遵守しつつ、空力特性を追求した結果、リアウイングが無くても高い性能を発揮し、滑らかで自由なデザインをもつマシンが生まれた。ただし、空力設計の詳細については、できるだけ秘密にしておくということだ。

関連リンク

New PEUGEOT 9X8 Hypercar – Designed to race

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る