独Sono Motorsのソーラー電気自動車「Sion」が最大航続距離305kmの54kWhバッテリーを採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Sono Motors©2021

ドイツのミュンヘンに拠点を置くモビリティプロバイダー、Sono Motorsは2021年6月24日、ソーラー電気自動車(SEV)「Sion」に54kWhのバッテリーを採用すると発表した。

新バッテリーは、充電時間を短縮しつつ航続距離を延長する。コバルト、ニッケル、マンガンの使用を完全に排し、より安全性の高いリン酸鉄リチウム(LFP)バッテリーを使用。不燃性で発火の心配もない。

発表された54kWhバッテリーは、従来の航続距離を最大255kmから305kmへ、充電の最大出力を50kWから75kWに拡張する。なお、ソーラーパネルによる追加航続距離は、週平均112km(最大週245km)と変わりないようだ。バッテリー寿命に関しては、最大3000サイクル(90万km)の延長となる。

Sono Motorsは、家庭向けのソーラー電気自動車Sionを2017年に一般向けに発表している。以来、現在までに1万3000件以上の頭金を受け取っているとのこと。CEOのLaurin Hahn氏は、「予約注文した人の90%以上が、より強力なバッテリーに投票した」と述べている。

関連リンク

Sono Motors’ Sion Gets More Powerful Battery with Greater Range

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る