YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Toy DIY/YouTube

YouTubeのToy DIYチャンネルでは2021年4月30日、段ボール製ライフルMK-14の作り方を公開した。段ボール製ライフルは、厚さ7mmの段ボールやDCモーター、電池、電線、ゴムバンド、ヘアピン、ワイヤー、注射器のガスケット(ゴム)、木串といったパーツで構成されている。組み立てには接着剤やはんだを使用する。YouTubeの概要欄に記載のリンクからPDFファイルをダウンロードすることで、段ボールパーツの型も入手できる。

型に沿って段ボールパーツを切り取ったら、動画で案内された順に組み立てていく。パーツの組み立てには基本的に接着剤を用いるが、トリガーやマガジンのロックといった可動部分は木串で固定する。バネの機構にはバネとゴム、ワイヤーを曲げたものを、伸縮式の銃床をロックするバネにはヘアピンを曲げたものを利用している。

トリガーを引くとマガジンから弾が押し出されて発射装置とかみ合う。発射装置には注射器のガスケットをDCモーターの軸に接着したものを利用し、モーターが回転することで弾を発射する仕組みだ。

型のボディレイヤーは5層、アクセサリーレイヤーは3層の段ボールで構成されていて、かなり細部まで作りこまれている。段ボール製ライフルに興味のある方は動画をぜひご覧いただきたい。

関連リンク

MK-14 Template A4 Paper Size

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る