電流検出抵抗不要のステッピングモータードライバーを発売――外付け部品を削減し省スペース化 東芝デバイス&ストレージ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東芝デバイス&ストレージは2021年9月22日、定電流制御対応ステッピングモータードライバーシリーズの新製品として、電流検出抵抗が不要で定電流モーター制御が可能なバイポーラーステッピングモータードライバー「TB67S539FTG」を発売したと発表した。

OA機器や金融機器などの産業機器での応用を想定しており、4.5Vから34Vまでのモーター駆動用電源に対応。24V駆動のアプリケーションのほか、12V駆動の監視カメラやプロジェクターなどのアプリケーションなどにも幅広く使用できる。

TB67S539FTGは、定電流モーター制御に使われる電流検出部を内蔵しており、外付けの電流検出抵抗は必要ない。また、モーターを制御するHブリッジ回路にNch-Nch構成を採用しているが、出力段を制御するためのチャージポンプ回路も内蔵している。このため、通常は必要となるチャージポンプ用の外付けコンデンサーも不要となった。こうした外付け部品が不要になったことで、実装基板を小さくできる。

この他の特徴として、同社が開発したDMOSFET素子を用いることで、モーター出力電圧定格40V、モーター出力電流定格2.0Aを実現。使用時の発熱量を抑制するため、5.0×5.0mmのQFN32パッケージを採用し、出力トランジスタードレイン・ソース間オン抵抗を低く抑えた。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る