電動航空機の実現に向け強力モーターを開発――現行最高クラスと比較して3倍超の継続出力が可能

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのスタートアップH3Xは、航空機の電動化を可能にするモーター「HPDM-250」を開発している。H3Xは電動航空機に搭載する推進システム開発を目的に設立され、電動航空機の商用化を目指している。

同社によると、現行の最高クラスのモーターとインバーターが生み出す出力密度は3~4kW/kgだが、米エネルギー高等研究計画局(ARPA-E)はボーイング737型旅客機が5時間飛行するには、継続的に12kW/kg以上出力する推進システムが必要だと見積もっているという。

HPDM-250はARPA-Eの要求水準を上回る13kW/kgを継続的に出力し、電動航空機の商用化を阻んできた壁を打ち破ろうとしている。ステーターコイル「AMcoils」を開発して付加製造(AM)で作製するなどし、電動モーター、インバーター、ギヤボックスを1つの筐体に収めることに成功した。こうしたイノベーションにより、HPDM-250は重さ15kg、外観寸法207×235mmとコンパクトでありながら最高出力250kWを誇る強力なモーターとなっている。

同社は、HPDM-250を短期的には電動垂直離着陸機(eVTOL)など都市航空モビリティや電動ボートなどに、長期的には1000マイル(約1600km)以下の短距離路線用電動航空機などに活用できるとしている。

関連リンク

INTEGRATED MOTOR DRIVES FOR ELECTRIC AIRCRAFT

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る