真空乾燥機の新機種を発売――ロボットやガントリーローダを用いたワークの自動搬送が可能 スギノマシン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スギノマシンは2022年1月11日、真空乾燥機「EVADRY(エバドライ)」の新機種となる「EVADRY EVD-22A」の販売を同日より開始したと発表した。

真空乾燥機とは、水が低気圧下では100℃よりも低い温度で沸騰する性質を利用し、機内の気圧を真空まで下げて自動車などの金属部品に付着した水分を蒸発させる乾燥機を指す。一般的な乾燥方法のエアブローと比べて、消費電力が少なく、カーボンニュートラルの実現に向けたCO2排出量削減も可能である。

今回発売したEVADRY EVD-22Aは、オートシャッタを搭載した。ロボットやガントリーローダを用いたワークの自動搬送が可能となっており、自動化や省人化といった需要に応える。

サイズは600×1450×1150mmと小型で、キャスターが付いているため容易に装置を移設できる。装置重量は500kg。真空ポンプ出力が2.2kW、真空到達圧力が1.3kPa以下となっている。最大15プログラムまで運転時間を設定できる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る