エネルギー回収効率75%――工業炉の高温排気を浄化して再利用する排気熱循環システム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年4月6日、NEDOが助成するプロジェクトとして、パナソニックが工業炉の排気熱エネルギーを高温のまま再利用する排気熱循環システムを開発したと発表した。

この排気熱循環システムは、電界を利用することで工業炉からの高温排気に含まれる不要な微粒子を高効率に分離・除去し、浄化した排気を炉内に戻して再利用する。

170407_nedo2

実証システムを量産現場のリフロー炉に実装して500時間以上にわたって連続運転したところ、微粒子の集塵率は91%、排気熱エネルギー回収効率は75%だった。同システムを導入することで、リフロー炉内の汚れを抑えられ、清掃時間などを従来の3分の1程度に削減できる見込みだ。

170407_nedo3

パナソニックは今回開発した技術を、より排気熱損失の大きい乾燥炉などに適用していく予定だ。パナソニックはこのシステムを2017年度に社内で実用化し、早期に外販を目指すという。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る