BLEが利用できるAI向け小型Arduinoボードを販売 スイッチサイエンス

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイッチサイエンスは2022年1月13日、Arduino Holdingの新製品「Arduino Nano 33 BLE」と「Arduino Nano 33 BLE Sense」の販売をウェブショップにて開始した。BLEが利用できるAI向け小型Arduinoボードとなる。価格3278~5445円(税込み)。

Arduino Nano 33 BLEは、BLEが利用できる高機能でパワフルなNordic製nRF52840を搭載した開発基板で、IMUを搭載。地磁気、ジャイロ、加速度計の計9軸を測定でき、ロボットやデジタルコンパス、エクササイズ計などに活用できる。Arduino Nano 33 BLE Senseには、IMUのほか、温湿度センサ、気圧センサ、マイク、ジェスチャー、色センサを追加で搭載。環境モニタなどにも活用できる。

また、TinyMLやTensorFlow Liteなどの組み込み向けAIイメージを使用でき、Arduino開発者とアドバイザーによるチュートリアルも用意する。

両製品には、ピンヘッダ未実装の製品と、ピンヘッダが実装済みですぐにブレッドボードでの試作できる製品をラインアップ。スイッチサイエンスのウェブショップにて販売する。なお、ピンヘッダ実装済みのArduino Nano 33 BLEのみ、後日の販売を予定している。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る