宇宙での太陽光発電システム構築に向けて一歩前進――太陽エネルギーのRF変換実証に成功

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Courtesy photo/Northrop Grumman

米空軍研究所(AFRL)と米Northrop Grummanは、宇宙から地上への電力供給システムの構築に向けて、太陽エネルギーを無線周波数(RF)に変換する実験に成功したと発表した。

このプロジェクトは「Space Solar Power Incremental Demonstrations and Research(SSPIDR)」と呼ばれ、2025年に「Arachne」飛行ミッションの打ち上げを目指している。Arachneに搭載される機器は「サンドイッチ・タイル」と名付けられたパネルを装備し、発電と送電の役割を担う。

サンドイッチ・タイルは2層構造で、第1層の太陽電池パネルが太陽エネルギーを集めて電力を第2層に供給する。第2層は太陽光をRFに変換し地上へ向けて伝送する部品を装備している。

今回、地上で実施した実証実験では、太陽光シミュレーターを用いてサンドイッチ・タイルの太陽電池パネルを照らし、太陽エネルギーをRFに変換できることを実証した。

AFRLは、2018年にプロトタイプの宇宙太陽光発電システムの主要コンポーネントを実証する機器開発についてNorthrop Grummanと1億ドル(約110億円)以上の契約を締結した。同社のリモートセンシングプログラム事業担当部長のJay Patel氏は、「軽量で拡張可能なアーキテクチャーで太陽光をRFに変換できたことは、Arachneミッション達成のための技術基盤を提供する上で重要な一歩だ」とコメントしている。

関連リンク

AFRL, NORTHROP GRUMMAN DEMONSTRATE SOLAR TO RADIO FREQUENCY CONVERSION

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る