バイオマス度90%以上のセルロースファイバー成形材料を開発 パナソニック

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは2022年3月18日、同社のマニュファクチャリングイノベーション本部が開発した植物由来のセルロースファイバーを高濃度で樹脂に混ぜ込む技術を発展させ、バイオマス度90%以上の植物由来樹脂バイオポリエチレンを開発したと発表した。

バイオポリエチレンはサトウキビの搾りかすの廃糖蜜を原料とする樹脂。同社は、適正な添加剤を加えることで、成形材料として十分な強度を実現することに成功した。

バイオマス度とは、材料に含まれる植物/生物由来の原料(バイオマス原料)の割合のことで、同社は2015年から石油由来の樹脂量を減らす研究を進めている。2021年に天然由来成分であるセルロースファイバーを70%濃度(バイオマス度70%)で樹脂に混ぜ込む複合加工技術を開発。同年12月に高濃度セルロースファイバー成形材料「kinari」のサンプル販売を開始した。

同社はさらにバイオマス度を高めるため、石油由来の樹脂ポリプロピレンを植物由来樹脂に置き換える開発を進め、バイオポリエチレンに注目。しかし、バイオポリエチレンはポリプロピレンの約半分の強度しかなく、セルロースファイバーを混ぜ込むだけでは強度を得られないのが課題だった。

今回開発した技術によって、同社はバイオマス度90%以上のバイオポリエチレンで、ポリプロピレンを用いたkinariと同等の強度物性を実現することに成功。これまでのkinari同様、着色自由性が高い白色の樹脂ペレット化した。成形時に素材そのものを褐色化させることで、木質感などの高いデザイン性も得られる。

同社では今後、今回の形成素材を家電の筐体や車載機構部材、衣料品や日用品の材料のほか、飲料や食品の容器などでの活用を目指す。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る