インクジェット塗布方式に対応した光学弾性樹脂を製品化 デクセリアルズ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デクセリアルズは2022年3月24日、インクジェット塗布方式に対応した光学弾性樹脂「Jettable SVR(ジェッタブル エスブイアール 以下、jSVR)」を製品化したと発表した。適切な量の樹脂を任意の位置に高い精度で塗布し、光学貼合できる。

同社は、光学弾性樹脂としてすでに「SVR(エスブイアール 以下、SVR)」を展開している。SVRは、液状紫外線硬化型アクリル樹脂で、ディスプレイパネル表示部とトッププレートの間にあるエアギャップを埋める光学用透明接着剤(OCR/LOCA)となる。トッププレートの材質に近い光学特性を付与し、エアギャップの界面での光の反射を防ぎ、視認性と衝撃吸収性も向上する。

ディスプレイ断面図(右:光学弾性樹脂SVR使用時)

今回製品化した、印刷などに用いられるインクジェット塗布方式に対応したjSVRは、適切な量の樹脂を任意の位置に高い精度で塗布し、光学貼合できるため、取り扱いやすさが向上する。また、カメラやセンサーのために設けられたノッチやパンチホールを持つ特殊なディスプレイ形状にも容易に対応できる。

さらに、塗布厚を精密かつ連続的にコントロールできるため、一定の厚みを有するフィルム状材料である光学透明粘着テープ(OCA)では対応が難しかった、曲面ディスプレイなどの箇所によって厚みが異なる3D形状ディスプレイにも対応する。

形状、サイズを合わせるために抜き加工で廃棄ロスが発生する課題を持つOCAとは異なり、樹脂を必要な部位に必要な量だけ塗布できるため、廃棄ロスを削減し、環境負荷を低減する。塗布形状はソフトウェア上でコントロールでき、四角形だけでなくさまざまな形に塗布できる。また、ディスプレイ変更による塗布形状の切り替えは、ソフトウェア上ででき、メンテナンスを最小限に抑えられる。

jSVRは複数のタブレットPCで採用が決まり、出荷を開始している。また、車載ディスプレイ向けのjSVRも拡販を開始。エレクトロニクス向けのディスプレイと比較して大型な車載ディスプレイは、大型の設備が必要となることから、同社は2022年1月、車載ディスプレイ向けの大型の試作設備を導入している。同社設備でサンプルによる試作ができるため、ユーザーは自社に設備を導入せずに試作、検討ができる。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る