部品の自動選択機能を強化した「高機能版ノイズフィルタ設計支援ツール」を無料公開 村田製作所

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2022年4月7日、ノイズフィルタの選択を支援するソフトウェアツールの機能を強化した「高機能版ノイズフィルタ設計支援ツール」を無料で公開した。対象となるノイズ周波数の自由な設定やより詳細な条件設定に対応しており、設計リソースを削減する。

高機能版ノイズフィルタ設計支援ツールは、簡単な条件設定をするだけで、自動でノイズ低減効果の高い部品の組み合わせを計算し、表示する。フィルタ構成は、自由な選択に対応。いくつかのシミュレーションパターンを比較できる。挿入損失特性を考慮したい周波数範囲も、任意で選択できる。部品の実装面積の目安表示は、複数のフィルタ構成で比較できる。

高機能版ノイズフィルタ設計支援ツールを使用する際は、条件選択と回路構成の2箇所に、条件をそれぞれ設定。「Optimize」ボタンでシミュレーション結果が表示される。

ノイズ対策の設計現場では、初めに解決する必要のある周波数を実機で測定し、ノイズ低減レベルの目標を最終製品の出荷先地域の規格から設定する。ノイズ低減の効果が、ノイズフィルタの構成や部品を選定しながらわかると、ノイズ低減レベルにどのくらい近づけたのかをその都度確認でき、ノイズ対策の指針を立てる際に役立つため、同社はノイズフィルタ設計支援ツールを提供している。

しかし、これまでのノイズフィルタ設計支援ツールは、自動で最適な部品選定をする機能が対応するのは初期設定のフィルタ構成のみだったため、高機能版を開発。任意で選択したフィルタ構成でも、自動で最適な部品の選定をする機能を追加した。

同社は今後も、あらゆるアプリケーションに対応し、多数のノイズフィルタから最適なアイテムを選択できるツールを開発していく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る