ドローンによるトンネル坑内自動巡視システムを開発 センシンロボティクスとフジタ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンなどロボティクス技術の開発を手がけるセンシンロボティクスは2022年4月14日、フジタと共同でドローンによってトンネル坑内などを自動巡視するシステムを開発したと発表した。

センシンロボティクスは、レーザー光の照射と反射時間から物体の距離や方向を計測するLiDARを使って、ドローンを飛行制御する技術を開発。この技術を使って、トンネル坑内のように衛星測位システムGNSSが受信できない環境かつ暗所の中でも自律飛行できるドローンを実現した。

新たに開発した「トンネル坑内自動巡視ドローンシステム」は、ドローンに搭載した360度カメラで現場の画像情報を取得。VR空間を生成できる現場モニタリングシステム「OpenSpace」と連携させることで、建設現場の状況を記録する。これによって、施工管理情報を一元化し、工事関係者間での情報共有や分析が迅速にできるようになった。

両社は、徳島県小松島市で工事中の「道羽ノ浦トンネル」で、システムのテストを実施。坑道内の400m区間で約7分間、ドローンを自律飛行させるとともに、搭載した360度カメラ画像から自動生成したVR空間内で巡視点検が可能なことを確認した。

両社では、今後も自律飛行の高度化やトンネル以外の工事現場での活用などを図り、現場巡視点検の自動化、省人化、効率化に貢献するとしている。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る