ペーパレスレコーダ・データロガー向けにAIを搭載した設備・品質予兆検知ツールを発売 横河電機

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横河電機は2022年4月19日、同社のペーパレスレコーダ・データロガー「SMARTDAC+(スマートダックプラス)」の「GXシリーズ」、「GPシリーズ」、「GMシリーズ」向けに、AI(人工知能)を搭載したソフトウェア「設備・品質予兆検知ツール」の販売を開始すると発表した。クラウド版とオフライン版の2種を提供する。

近年、工場において生産効率改善や課題の洗い出しなどに向けたAI導入のニーズが高まっている。一方で、データサイエンスなどの高度な専門知識が必要となることが、AI導入への障壁となっていた。

同ツールでは、データを読み込んで各データを「正常データ」「異常データ」のいずれかに分類するだけで、予兆検知モデルを作成できる。機械学習やアルゴリズムといったAIの専門知識やコンサルティングが不要なため、手軽にAI技術を利用できる。

他社製品で記録したデータも使用可能。AIがどのようにデータを判定するかを確認するための事前のシミュレーションにも対応している。

予兆検知モデルのシミュレーション画面

同ツールで予兆検知モデルを作成し、現場に設置したSMARTDAC+で読み込むことで、設備や品質の異常の予兆を検知するシステムを構築できる。設備や品質の状態を示す「ヘルススコア」の推移により、設備劣化の程度を確認可能。同スコアを基に、運転員にメンテナンス時期をアラームやEメールを介して知らせる仕組みとなっている。

ヘルススコアの推移による異常予兆の検知

タイヤ製造の加硫工程における温度や圧力の管理、食品や医薬品の滅菌工程管理、航空宇宙や自動車部品の熱処理管理など、さまざまな産業の生産現場や開発工程、大学、公的研究機関での用途に適する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る