高い耐摩耗性や耐事故性を有する鉄鋼冷間圧延用鋳造高性能ロールを開発 日立金属

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能ワークロール「CR2」(イメージ)

日立金属は2022年9月20日、鉄鋼冷間圧延用として、高性能な鋳造ロールCR2(Cast Roll for Cold Rolling)を開発し、販売を開始した。CR2(シーアールツー)は、鍛鋼ロールの性能の壁を乗り越える鋳造ロールで、冷間圧延工程に求められる高い耐摩耗性(粗度維持性)や耐事故性を有する。

冷間圧延用には、古くから鍛鋼ロールが使用されているが、ハイテン材や電磁鋼板を圧延する上でのニーズである耐摩耗性などの性能の大幅な向上は見られなかった。また、冷間圧延には金属組織の均一性と高い硬度が要求されるため、冷間圧延には一般的に鋳造ロールを使用していなかった。

同社はこの課題を解決すべく、これまで熱間圧延で使用されるロールの研究開発で培ってきたノウハウと、鋳造欠陥の発生を防止する鋳造技術、精度の高い製造技術で、冷間圧延用鋳造ロールを開発した。

CR2は、鍛鋼ロールと比べ、耐摩耗性3~5倍、破壊じん性2倍、耐クラック性5倍の性能を有するため、鋳造ロールとしては新しい分野である冷間圧延のワークロールとして使用できる。冷間圧延用の鍛鋼ワークロールには現在、主に5%Cr材が使用されている。CR2は、冷間圧延工程に求められる高い耐摩耗性(粗度維持性)や耐事故性により、冷間圧延工程への導入によって生産性を向上する。

鍛鋼製5%Cr材(クラック大)

CR2「NCW10」(クラック微小)

CR2「NCW20」(クラック微小)

ラインアップは、遠心鋳造複合ロール材「NCW10」と、連続鋳掛肉盛複合ロール材「NCW20」の2材質。ロールの使用状況にあわせて選択できる。日立金属若松にて製造する。ソリューションとして、ユーザーが実施する圧延後の研削に使用する砥石や研削条件等の提供にも対応する。

現在、NCW20は、一部の国内製鉄所において、冷間圧延タンデムミル用ワークロールとして使用されている。

冷間タンデムミル模式図(4段圧延機×5スタンドの例)

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る