エイの形状をした、流体力学に基づく高性能設計のハイブリッド潜水艇「Kronos」

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アラブ首長国連邦のスタートアップ企業であるHighland Systemsが、エイのような形状をした、流体力学に基づく設計のハイブリッド潜水艇「Kronos」を発表した。同社は、装甲車や潜水艇、ヘリコプターの製造に特化した、最先端の技術開発/生産事業の管理会社だ。

Kronosは、全長9025mm、全幅7432mm、全高2089mmとなっており、重量は10000kgで、水中での最大積載量は3000kgだ。ディーゼル燃料の発電機とバッテリーのハイブリッドエンジン設計により、54時間の航行が可能で、発電機またはバッテリーのみでは、それぞれ18、36時間の航行が可能だ。空気供給量は36時間分あり、空中給油とバッテリー充電には、1.5時間必要である。出力は1200hp/2400Nmで、水上での最高速度は時速80km、水面下での最高速度は時速50kmで、最大臨界深度は250mとなる。

室内には、先頭に1名用の操縦席が配置され、10名用の乗員席は、5座席ずつ向かい合う形で配置。空調管理や配光可変型照灯システムのほか、自動生命維持装置も搭載されている。さらに船体には、左右3本ずつ、合計6本の魚雷を装着することも可能な設計だ。翼部分は垂直に折りたたまれ、全幅を少なくでき、陸上での運搬も容易になる。Kronosは、商業運転から救助、戦闘活動まで担える設計だ。

関連リンク

KRONOS ARMOURED SUBMARINE

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る