同社初となるV2X向け通信モジュールを開発 村田製作所

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田製作所は2022年12月15日、同社として初めてV2X向け通信モジュール「Type 1YL」と「Type 2AN」を開発したと発表した。Autotalksのチップセットを搭載している。

V2X通信は、DSRC方式とセルラーV2X(C-V2X)方式の異なる無線方式が存在し、対応する方式が国や地域によって異なっているため、その国や地域によって異なる設計が必要となることが複雑化の要因となっていた。

そこでType 1YLとType 2ANは、多くの国々で採用されているDSRC通信とC-V2X通信の両方に対応するAutotalksのチップセットを組み込んでいる。DSRCとC-V2Xの2つの通信規格に対応しているため、Type 1YLとType 2ANだけで各国の通信規格に対応でき、システム設計のコストを削減する。

Type 1YLは業界最小レベルとなる33.0×27.0×3.0mm、Type 2ANは38.5×37.5×8.5mmの小型パッケージを採用。ユーザーの設計自由度が高くなっている。また、高信頼が求められる車載市場に必要なスペック条件を満たしている。

インターフェイスは、Type 1YLがUSB、SPI、UART、Type 2ANがUSB、SPI、UART、CAN、Ethernet(MAC)に対応。このプラットフォームを通じて、V2Xのシステム基盤の提供だけではなく、ユーザーのアンテナ設計とソリューション最適化のサポートも提供する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る