生産ラインにて搬送物の移動量や速度を非接触で測定できる測長計を発売へ――±10m/sの高速測定が可能 キヤノン

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キヤノンは2022年12月20日、生産ラインにて搬送物の移動量や速度を非接触で測定できる測長計「PD-710」の販売を2023年1月上旬より開始すると発表した。価格はオープンとなっている。

同製品は、新たなレンズや新光学系に対応したアルゴリズムを採用した。測定可能な対象物の移動速度は、同社従来品「PD-704」と比較して2.5倍の±10m/sまでとなっている。

これにより、同社従来品が対応していたプレスラインでの鋼板などの搬送に加えて、高速で搬送されるトイレットペーパーなどが測定可能となった。また、EV(電気自動車)用モーターの主要部品であるモーターコアの製造に要する高速プレスラインの送り量も測定できる。

導入事例

非接触測定により、測定時の搬送物への傷や汚れを防止できる。また、装置内での滑りや摩耗も生じないため、測定誤差の抑制に寄与する。

厚みが異なるものに測定対象物を入れ替えた際のダウンタイムが少なく、メンテナンスも容易。製品サイズやインターフェースは同社従来品と同一となっており、置き換えの際に既存のケーブルやプログラマブルロジックコントローラー(PLC)などをそのまま使用できる。

また、同梱のソフトウェアに含まれるパラメーターを用いることで、対象物の表面状態や測定環境に合わせて測定できる。

プレス業界や製紙業界などでは、材料ロスの削減や搬送の不具合による生産量低下の防止を目的として、搬送物の長さや速さを測定できる計測機器が用いられている。

特に製紙業界では、高速で搬送されるトイレットペーパーやダンボールなどを正確な長さで切断するにあたって、より高精度に移動量を測定できる計測機器への需要が高まっていた。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る