スマートフォン接続型のVR用HMDのプロトタイプを開発――4K対応で約175gと軽量 シャープ

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープは2023年1月6日、スマートフォンに接続して用いるVR(仮想現実)用HMD(ヘッドマウントディスプレイ)のプロトタイプを開発したと発表した。

同開発品は、約175gと軽量な点を特長とする(接続用ケーブルを除く)。VR用の軽量ディスプレイや薄型の接眼用レンズといった同社独自のデバイスを採用したほか、スマートフォンの開発で培った小型化技術や知見を活用することで軽量化に成功した。

ディスプレイは4K(片眼2K×2)と高精細で、120Hz駆動による滑らかな表示も可能となっている。

また、ポリマーレンズを採用し、高速オートフォーカスに対応した同社独自のRGBカラーカメラモジュールを備えた。

現実世界の周辺の映像を取り込んでカラー表示する「カラースルー映像表示機能」や、現実世界の周辺の映像をVR空間の一部にウインドウで表示する「POPUP映像表示」機能を搭載している。

ポリマーレンズの厚みを変化させてピントを合わせるため、素早いピント合わせが可能。また、ピントの位置が動いても画角が変化しないため、VR酔いを軽減する。

さらに、2つのモノクロカメラを備えており、ユーザーの手の動きを捉えてVR上の操作に反映する「ハンドトラッキング機能」にも対応した。操作用のコントローラーを用いずに直感的に操作できる。

同社は、米国ネバダ州ラスベガスにて2023年1月5日から8日まで開催したテクノロジー見本市「CES 2023」に同開発品を参考出展した。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る