5相ステッピングモーターの高分解能タイプに、取付角寸法28mmの製品を追加 オリエンタルモーター

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オリエンタルモーターは2023年1月25日、5相ステッピングモーター「PKP」シリーズ高分解能タイプに、取付角寸法28mmを追加したことを発表した。5相ステッピングモーター高分解能タイプでは業界最小サイズで、装置の小型化に貢献する。定価4900円(税抜)~。

高効率設計により高トルク、低振動を実現した5相ステッピングモーターPKPシリーズは、医療機器、計測機器、半導体関連装置など、位置決めが必要な精密機器への組み込み用に使用されている。

高分解能タイプは、基本ステップ角度が0.36度のモーターである。標準タイプに比べ、ローターの小歯が倍の100枚となっており、摩擦負荷に対する変位角度を小さくできる。標準タイプと比べて摩擦負荷の影響を受けにくく、停止精度が向上する。常に摩擦負荷が加わる用途でも安定して動作するため、高精度な位置決めができる。

追加した取付角寸法28mmは、5相ステッピングモーター高分解能タイプでは業界最小サイズとなっている。同製品は、レーザー顕微鏡、デジタルマイクロスコープ、定量ポンプ、監視カメラ、精密ステージなどへの用途に適している。

関連情報

オリエンタルモーター、5相ステッピングモーターPKPシリーズ高分解能タイプに取付角寸法28mmを追加ラインアップ: 日本経済新聞

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る