自動車向けの自動操舵制御システムを開発――人とシステムとの直感的なやり取りが可能に ジェイテクト

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェイテクトは2022年10月4日、自動車向けの自動操舵制御システム「Pairdriver(ペアドライバー)」を開発したと発表した。

同システムは、車内外に搭載したセンサーにより検知、解析した車両運動を運転者のハンドル操作などの情報と統合し、ハンドルの振動や反力を介して「システムの意思」を運転者に伝えるものだ。人とシステムとの直感的なやり取りが可能となっている。

自動運転走行中にシステムが運転者の操舵を検知すると、操舵アシストを伴いながら運転者の操舵意思を反映する。スイッチの操作など、自動運転から運転者による手動運転への切り替え動作が不要となっている。

同社は、2017年より自動化システムの意思を運転者に伝える技術の開発を進めていた。今後は既存のステアリングシステムと合わせて、国内外の自動車メーカーに向けた提案を推進する。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る