パワーエレクトロニクスを扱える企業・求人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーエレクトロニクス(Power Electronics)とは?

パワーエレクトロニクス(Power Electronics)は、電気を利用する際に必要な技術全般のことを言う。つまり発電機発生電気などの導入電気を、利用側の機器に最も適した電気特性に変換する機能である。具体的には交直流の流れ、周波数、電流/電圧の大きさなどを変換する技術になる。

パワーエレクトロニクスの代表的な機器は、電力を交流から直流へ変換するコンバータ、交流から直流へ変換するインバータで、それを構成するのが半導体や、ダイオードやトランジスタなどの半導体素子になる。現在Si(シリコン)が主流の半導体材料は、SiC(シリコンカーバイド)やGaN(ガリウムナイトライド)などの新しい材料を採用した次世代パワー半導体の実用化への動きが加速している。

環境問題への関心の高まりと増え続ける世界の電力消費量を背景に、今後も省エネルギーへのニーズは高まるとみられ、パワーエレクトロニクスの活躍の場が広がりそうだ。

パワーエレクトロニクスを取り扱う企業は?

パワーエレクトロニクスの適用範囲は広くあらゆる業界に波及するが、注目されているのが新しい材料を採用した次世代パワー半導体の実用化だ。SiをGaNやSiCといった化合物半導体に置き換えることで、大幅な効率向上や小型化が見込め、送電システムから生産設備、電動自動車、白物家電、パソコンなど、適用できる分野も広い。

国内では、パナソニックがInfineonと手を組み、GaNパワー素子を開発することに合意。またSiCでは三社電機製作所と協力し、パナソニックのSiC MOSFETを搭載した、大型のパワーコンディショナーや産業用/鉄道用インバータ装置向け耐圧1200Vのパワーモジュールを開発している。

パワーエレクトロニクスに携われる求人は?

パワーエレクトロニクス技術の高度化とともに、企業にとって優秀な技術者の確保が急務となっている。

求められる人材はパワー半導体デバイスの研究開発者や回路設計者などだが、制御技術、A/D変換、DSP、FPGAなどアナログ/デジタル信号処理の知識をもったエンジニアへの求人もみられる。

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る