金属と樹脂の接合技術の概要をホームページで公開 日軽金

  • Tweet
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本軽金属は2022年2月22日、同社が開発した金属と樹脂の接合技術「PAL-fit」の技術概要をホームページ上で公開。車載部品向けに商品化したと発表した。

PAL-fitは、金属表面に日軽金が独自開発した樹脂接合用表面処理を施すことで、金属と樹脂を均一に面接合させる。これによって接合強度が高まり、気密性も保てるため、金属と樹脂を強固に接合したハイブリッド部品の製造が可能になる。

金属と樹脂を接合して一体化する際、一般的には接着剤やネジなどが使われるが、VOC規制への対応や工数削減、設計自由度の確保といった要請から新たな接合手法が求められている。

樹脂射出成形を用いた金属と樹脂の一体化の工法として、金属を樹脂で包むように成形するインサート成形やアウトサート成形もあるが、金属と樹脂の境目にどうしても隙間ができるため、気密性が必要とされる製品には使えない。

その点、PAL-fitでは金属表面に樹脂と接合しやすい形状を設けるため、金属と樹脂が密着。アルミニウムと樹脂を接合した場合、接着剤に比べて2倍以上の強度を持つ。また、面接合が可能なため、設計の自由度も高まり、一体成形によって接着する際の工数も削減できる。

同社では、今後も多様な樹脂との組合せの実現や性能向上のため、引き続き研究、開発に取り組んでいく。

関連リンク

プレスリリース

関連記事

アーカイブ

fabcross
meitec
next
メルマガ登録
ページ上部へ戻る